<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

DAT

ソニーがDATの出荷を12月初旬で終了という記事が・・・


そうか・・


まあ・・普通はつかわないけどね。

困る人はこまるかな・・

研究室もソニーのDATいっぱいあるし・・・

DATのテープだけじゃなくて、録音機のほうも。

どうなるかな。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-28 21:08 | 新商品とか新サービスとか

火祭り

学園祭の最終日は火祭りで締めるのが毎年。

久しぶりに写真をとったなあという気が。



少し、Galleryのほうにもアップしましたので。
(FreedomNo1のところを更新しました~)
[PR]
by arita-arita | 2005-11-25 18:37

ぴちょン君

ぴちょん君、ロボットになりましたか。

e0036157_193222.jpg


ちょっとスライムに体がついたみたい・・


11月24日,yahooより
[PR]
by arita-arita | 2005-11-24 19:04 | 新商品とか新サービスとか

サプライズバースデイ!?

今日はとにかく研究室の教授の誕生日なわけで
こっそり先生をおどろかそうとサプライズパーティをやることになったのです。

朝、大量の飲み物をもって学校にいくと
建物の入り口に、ピザの配達まちの人が8人くらいいて、始まりの高鳴り。
(先生にバレないようにピザの配達は研究室あてではなく、入り口で待機)


残りの人は、研究室の電気を消して鍵をかけて待機。
なんかとにかくドキドキ。


ピザがおくれてまたドキドキで。


全員で整列して、教授の先生がはいってくるまで待機で、さらにドキドキ。


その時間がなんだか不思議で、変に緊張して、ばれないようにするのが
精一杯で・・


クラッカーを鳴らすときまで、ドキドキで。





結果は、無事におわりました。

何はともわれ先生は終始にこやかでした。

最初はなんかすごくびっくりしてどうしたらいいかわからない感じだったけど
ニコニコしてた。



まあ、これで論文は大目に見てもらえそうだ。
いやいや。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-22 19:57

大人たばこ養成講座2

買いました。

買いましたか?

「大人たばこ養成講座2」



実は1は買ってない・・

でもすごく気になってたので。


ぷぷぷって感じです。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-20 23:18 | 新商品とか新サービスとか

留学生

「留学生」と聞いて、普通の人はどういうイメージを持つのだろうか?

留学生は大学にもたくさんいるし、
自分の研究室にもたくさんいる。

ときには各国の料理をつくってくれたり、
お国の話をきけたりもする。


しかし、そんなものは一瞬で消えちゃうほど、
現実と言うものは、留学生にとって厳しいものなのだ。

いろんな問題もある。
ここが日本で研究や勉強をする場所である限り
それ相応の言動が伴わないとツライ目にあう。
それでもアルバイトには精をださないといけない現状もある。

教授からの風当たりだって、甘くはない。



とりあえずは、そんなイメージだが、
今日はそんなことが主張したいわけでもない。


今日は、とある留学生のお手伝いをした。

上のような印象の他の留学生とは少し違う。

なにが違うのだろうか。


ただ、その研究意欲には驚かされるのだ。


簡単そうなことだが、そんな人は僕は見たことがない。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-15 19:09

ユニバーサルデザインのフタ!?

「Z-エンド」

とやらのフタができたらしい。
自販とかの缶ジュースのフタ。

e0036157_16474474.jpg


↑これ。


お年寄りやちっちゃいガキンチョでも空けやすいフタになっているらしい。

しかも、途中でまた閉め直せるので
ペットボトルみたいにおいとけるメリットがあるとのこと。


そのうちこういうのが出回るんだろうなー
[PR]
by arita-arita | 2005-11-11 16:51 | 新商品とか新サービスとか

コンサートホール

公開講座?

お金払って講義をきくというやつですか。


学内の人は普通にきけるのだ。



「コンサートホール」の話でした。

音響設計学科を受験した頃を思いだすように原点だ。


今は全然考えたことないけど。

OBはえらいんだなあ。

サントリーホールかあ
ディズニーホールかあ
[PR]
by arita-arita | 2005-11-10 22:00

中間発表(非公開編)

大学の教授陣の前でここまでの研究結果と今後の研究を
プレゼンする中間発表(非公開にて)。

今日はその日。


朝9:10~からスタートで1人づつ呼ばれたら,部屋にはいっていく。

まあ,問題なかったです。
指摘された点は今後の訂正に有効なので
よかったです。

どうせ論文を審査するのも同じような人なんだし。
なおしとかないとね。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-09 13:14

パソコンのキーボードの音から

パソコンのキーボードのタッチの音から、
最大96%の精度で解析できる。と言う話だ。

すごい。

すごいな。


確かにキーボードの配列を考えると、
位置的にバラバラなわけで、音も左端の「A」と右端の「L」では
音のなり方もかわりそうだ。


けどやっぱり映画みたいなレベルだと思ってたし、
ほんとに音で区別できるのはドラマチックだな。

けどこれは、パスワード関係があからさまに解析できるということで
"危険度5"だな


ということで興味のある人は、研究室の2つ右となりの人に
聞いたサイトから抜粋しましたので。





米カリフォルニア大学バークレー校のダグ・タイガー教授らはこのほど、キーボードのタイプ音をソフトウエアで解析することで、打ち込んだ文字のほとんどを割り出すことに成功したと発表した。

タイガー教授らが使ったのは、英語の文章を入力した時のタイプ音で、10分間分を録音して解析を試みた。まず、録音データから、キーごとに異なるタイプ音を一つひとつに分離し、分類する。そのデータの個々の音の配列や出現頻度をもとに、各タイプ音がどのキーから出たものかを割り出していった。暗号を解く作業に似ている。

結果は、最大96%の精度で文章を再現することに成功したという。さらに、意味を持たない5文字のランダムな文字列の場合でも、十数回の“推測”を繰り返すことで90%の精度で再現したとしている。つまり、意味を持たないパスワードでも、この方法でタイプ音から読み取られてしまうことになる。ランダム文字列では、文字数が多いほど解析が難しく、8文字では77%、10文字だと69%と率は下がっていったという。

この作業の処理に使ったのは、ごく普通のパソコンで、マイクも市販の安価なもので十分だったという。また、タイプ音があまり目立たない静音キーボードでも解析が可能だったという。
[PR]
by arita-arita | 2005-11-07 19:59 | 新商品とか新サービスとか